私たちreKは、地球環境にやさしい低炭素なエネルギーの供給と
エネルギーの自給自足が可能な環境の構築を目指します。
世界人口の増加や経済活動・生活環境の都市集中化に伴いエネルギー需要が増大し、
今、エネルギーのより賢く活用する方法が求められております。
中でも昨今、世界中で進められているスマートコミュニティーの実現に向けたプロジェクトは、
私たちにとって重要な役割と考え、様々な自然エネルギーを利用した発電開発とエネルギーを
高効率に供給・管理するITシステム開発を行いその実現に貢献いたします。
これからも私たちreKは環境と社会のニーズを追求し更なる研究開発に努め、
豊かでよりよい生活環境構築に向け、末永く信頼されるサスティナブルな企業として、
エネルギー開発事業を展開してまいります。

環境と暮らしにやさしい環境づくりが私たちreKの大切な使命です。

代表者 深谷 博一

スマートコミュニティのイラスト

スマートコミュニティーとは?

地域で賢く(スマート)に電力を使う考え方。

「環境配慮型都市」とも呼ばれ、街全体の電力の有効利用や
再生可能エネルギーの活用など、都市の交通システムや住民の
ライフスタイル変革まで、複合的に組み合わせた社会システムを
いいます。

これは、公害などの環境問題への配慮と快適な生活を両立するために、
ITや省エネなど多岐にわたる最先端の技術を組み合わせた
「システムとしての社会インフラ」となっています。